小谷ヴァイオリン教室(調布市国領町)の小谷です♪

 

少しずつ寒くなってきましたね🍁❄️

気温や湿度の変化は、ヴァイオリンにもとても影響があります。

 

先日、レッスンが始まると

「先生、あの、ヴァイオリンが、、壊れたかもしれなくて😨

と言ってヴァイオリンを手渡しする生徒さん。

「どこが壊れたんですが😱

と渡されたヴァイオリンを見ながら質問すると

「ケースからバイオリンを出したら、弦が4本とも全然違う音になっていて😨

そう聞いて ああそういうことか💡となりました😌

 

気温と湿度が急に下がるこの時期、ヴァイオリンのペグ(弦を巻き付けているところ)が、湿度の関係で緩みやすくなるのです。

ペグが緩むと、弦の巻きが戻ってしまい、気づくいた時には弦が外れていたりとても音程が低くなってしまっていることがあります💦

 

さあ今日も練習しようかな!とヴァイオリンをケースから出した時にペグが緩んでとても変な音程になっている時は、未だに一瞬ギョッとします😱💦

コンサートの本番中にも、控え室と舞台上の湿度が違った場合などに急にペグが緩んでしまうこともこの時期は時々あります💦💦

本当に焦ります😭

 

この時期はいつもよりも、楽器に押し込みながらペグを調整することが必要です!

 

生徒さんの楽器もペグが緩んでしまっていたので、その場で説明しながら調整し、無事元に戻りました😊✨

当ヴァイオリン教室では体験レッスンを行っておりますので、ご興味のある方はご連絡ください♪

無料体験レッスンのお申し込みはこちら